So-net無料ブログ作成
検索選択

ポール・フレール氏に哀悼の意と感謝を。 [car & bike]

 ポール・フレール、Paul Frère 氏。
 2008年2月23日に御逝去されたとのこと。
 心からの哀悼の意を捧げ、心からの感謝の意を捧げたい。
 
 CGTV (カーグラフィックTV)で見た、Paul Frère 氏は、まるでリチャード・クレーダーマンのように美しいお顔をされていた。長めの金髪がまるで天使のようでさえあった。15年程前の映像なのだろうか、オープン2座席の赤いクルマに、おそらくは娘さんと乗り込み、微笑んで、イベントに参加されていた。
 1996年だったか、CG誌が10台のテスト車両を用意し、80ラップサーキット走行をされているのも見せていただいた。
 その御年齢を感じさせない、極めて、高度なドライビングは、もはや芸術的でさえあった。滑らせすぎず、それでいてアグレッシブなドライビング。しかしハンドル操作やシフト操作は、なめらかで、一切の無駄がない状態。ル・マン24時間レースに優勝経験を持つ人で、そして人柄もすばらしい方であった。

 私は高校時代に、Paul Frère 氏の『ハイスピード・ドライビング』を穴が開く程読んでいた。

  
 
 私が、約3万円で普通自動車免許を取得できたのも、免許をもらってすぐに、ヒール&トーとか、ダブル・クラッチを使いこなせるようになっていたのも、先生の本で学ばせていただいていたからです。先生。本当にありがとうございました。
 
ハイスピードドライビング

ハイスピードドライビング

  • 作者: ポール・フレール
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 1966/07
  • メディア: 単行本



ハイスピードドライビング (1966年)

ハイスピードドライビング (1966年)

  • 作者: ポール・フレール
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 1966
  • メディア: -



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 2

旅人J_(wayfarer_j)

shihoさん。
つなみさん。

niceをありがとうございます。m(__)m
by 旅人J_(wayfarer_j) (2008-08-22 06:46) 

MANICAT

Paul Frère 氏は確かモータージャーナリストの
神様と記憶しております。
F40をロードインプレッションできる唯一の人とか
by MANICAT (2008-09-30 10:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。