So-net無料ブログ作成
-| 2006年09月 |2006年10月 ブログトップ

今後の記事予定です。 [今後の記事予定]

○坂本龍馬が生まれ変わったとしたら -- 検討中。

○阪神淡路大震災でボランティアをさせて頂いた経験。 -- 検討中。

○iPodなのか、他のポータブルオーディオなのか。 -- 検討中。

○ヴィンテージなイラスト発掘作業、掲載。 ---ちょっと、炭坑で働く人の気持ちがわかるかも…。

 すいません、記事予定ばかり増えているような気もします。
 すいません。すいません。


nice!(12)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

静寂による癒し。静けさという贅沢。 [audio]

 今回は、記事予定にあげておりました、ノイズキャンセリング・ヘッドフォンを取り上げます。

 
 ノイズキャンセリング・ヘッドフォンというのは、騒音と逆位相の音波を発生させることにより、航空機内や、新幹線内などで、快適に過ごせるように開発されたものです。

 単純化して申し上げると、うるさい環境の中であっても、静かにすごすための道具と申し上げることができます。

 騒音から解き放たれるというのは、疲労感をとても低減させてくれることは、私の場合、とても感じます。

続きを読む


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

vintage illustration [vintage illustration]


 以前記事予告のオマケでつけていたものです。
 既出です。御容赦下さい。


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

Esquire_(Baz) [vintage illustration]


 この画像の大きなサイズはhttp://blog.livedoor.jp/wayfarer_j/にあります。
 m(__)m 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

HAVE A COKE [vintage illustration]

 とりあえず見つかった、古いcokeポスター。
 もっといい感じのがあったような気がするのだが、なかなか見つからない。


 この画像の大きなサイズはhttp://blog.livedoor.jp/wayfarer_j/にあります。
 m(__)m 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

癒し系画像-1 [癒し系画像]

lrsMurrayAlan-IvoryLight

 

 こちらの大きな画像は、
 http://blog.livedoor.jp/wayfarer_j/
 にあります。m(__)m


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

画像発掘中。 [今後の記事予定]

 画像発掘中作業をしてました。
 ヴィンテージなイラストがたくさんあったはずなのに出てきません。
 見つからないと、さらに見たくなってます。
 どこに行ったんだーぁぁ、帰って来ておくれぇぇぇ。。

 今後の記事予定です。

 ○発掘されれば、、ヴィンテージなイラストを

 ○ジャンヌ・ダルクについて

 ○飛行機と新幹線で安眠を。ノイズキャンセリング・ヘッドフォン。静寂の贅沢。

 ○enyaの世界。

 など。

 追伸。上の画像高解像度のものはhttp://blog.livedoor.jp/wayfarer_j/
 にあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Ombra mai fu  オンブラマイフ 歌詞掲載。 [音楽]

 今回、久留米室内管弦楽団様の御理解をいただき、

 癒される音楽その1
 Ombra mai fu  オンブラマイフ
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-24-1
 に歌詞を掲載することができました。

 私にとっては、結構グッと来るものがある歌詞です。

 意味が分かって、あの曲を聞くと、癒され度が数ランクアップするような気もしています。

 よろしければ、御覧ください。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明治維新を想う [世界平和]

 阿部晋三内閣スタート。

 阿部晋三首相、阿部晋太郎元外相、
 「晋」の文字は、高杉晋作からきていると聞いた。
 阿部晋三さんは、吉田松陰と高杉晋作を尊敬しているという。
 そのスピリット、明治維新を支えた人達のことを深く理解しておられるのならば、是非とも日本をよき方向に持っていって欲しいと願う。

 坂本龍馬についても、随分以前に数冊なのか、本を読んだ。

 高杉晋作については、数冊の本を読み、さまざまな記録も調べた。
 今は、絶版になっているようだが、『天翔 る若鷲 高杉晋作 南條範夫 PHP 文庫』が、心地よく、すっきりと読めた記憶がある。

 高杉晋作の、縛られない、発想の飛躍の数々は、驚異的でもある。
 長州藩は、イギリス艦艇に砲撃を仕掛ける。あっけなく長州は負けてしまう。
 晋作は、神職衣装で、交渉に臨み、訳の分からないような、日本神話をはじめて、
 彦島の租借を求めていたイギリスの要求をはねのけるのみならず、賠償金は江戸幕府に請求されるがよかろうと話をまとめてしまう。
 煙に巻いて、交渉をまとめてしまったのだ。長州には一切痛みのない形に。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

キノの旅―The beautiful world [Books]

キノの旅―The beautiful world

キノの旅―The beautiful world

  • 作者: 時雨沢 恵一
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 文庫

 このシリーズ、かなり好きです。

 いま、9巻まで出ているようですが、たぶんほとんど読んでいるような気がします。
 ライトノベルでありますが、作者である時雨沢 恵一さんの文章が、とても透明感を持っていて、心の静寂さを感じまして、とても心地よく感じるのです。
 時雨沢恵一さんのような雰囲気を持った文章は、この世の中において、なかなかに貴重なものではないかと思ったりもします。
 
 今回、この本を取り上げたのは、
 私も「旅人」であり、
 私も、以前古いバイクに乗っていたからでもあります。
 RD-250という古い古いバイクです。
 また、「キノ」にも「師匠」と呼べる人がいて、
 私にも「師匠」と呼べる人がいるという共通点もあります。

 旅が好きな人には、とてもオススメできるライトノベルです。

 たぶん、いろいろ忙しく、ストレスをため込んでいる人にもかなりオススメできます。
 この小説、実はかなり、ヒーリング効果が高いように思えます。

 2006.10.16の加筆。------------
 この小説の中だけでなく、この世の中で暮らしていると、自分と、とても違う思考・行動パターンを持っている人達に出会います。
 そういう、色々な人達と、どんな風な接し方をすると、心地よく、交流を持てるのか、そういう示唆に富んだ作品になっているようにも思います。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

魂を大きく繊細にする。 [心と魂の癒し]

 前回、魂の傷を癒すことについて書かせて頂きましたが、
 今回は、魂を大きくしつつ、また繊細にもしてゆく中で、自分の魂の傷も癒してしまおうということについて、少しだけ書いてみたいと思います。

 魂を大きくするというのは、とても単純化して言ってしまうと、多くのよきことができる人になれると良いですねということであります。
 魂を繊細にするということは、大きな魂になれることを努力しつつも、繊細でセンシティブで、細やかな配慮ができるようになれるといいですねーという話であります。

 魂というのは、心の深い部分であるともいえます。
 フロイト、ユングなどの精神科医・心理学者にいたしましても、深層心理を深めてゆくと、人類の共通の記録に辿り着くみたいなことを言っていたように記憶しています。アガシック レコードというのでしょうか。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

癒される音楽-2 [音楽]

 癒される音楽の第二回目です。

 今回は、グノーのアヴェ・マリア (Ave Maria) を取り上げます。

 グノーのアヴェ・マリア。
 様々な人が演奏していたり、歌ったりしている曲ですが、20位の録音の中から、
 最も透き通っていて、
 最も癒されると感じられ、
 一番好きになれ、最もオススメできるのは、
 ジュエルというシンガー・ソング・ライターが歌っているものでした。

 20種ほどのグーノーのアヴェ・マリアを聴いて、
 それぞれに趣が異なるのは、とても面白かったです。
 聴き比べていて、爆笑しつつも、これはこれで感動的だと思ったり…、
 面白い経験でした。
 録音によって、
 強烈に情熱的で信仰心の熱烈さが感じられるものや
 とても男性的な薫りがプンプンにおうけれどもそれはそれでよいとも感じられるもの。
 現代的な編曲で軽やかで伸びやかなもの。
 いろいろありまして、いくつかはかなり好きになれました。

 ジュエルが歌っているアヴェ・マリアは
 Joy - A Holiday Collection
 というアルバムで聴くことができます。
 下をクリックすると、Amazonで試聴できます。

Joy - A Holiday Collection

Joy - A Holiday Collection

  • アーティスト: Jewel
  • 出版社/メーカー: Atlantic
  • 発売日: 1999/11/02
  • メディア: CD


 2007年9月に、この曲のサンプルを用意いたしました。

続きを読む


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(4) 
共通テーマ:音楽

自国が戦地になったことがない国 [世界平和]

 自国が戦地になったことがない国は、
 戦争が生み出す沢山の苦しみ悲しみを知らない人々が多く住んでいる。

 アメリカは、世界の多くの地域に、兵士を送り込んできた。
 その若者達は、多くの苦しみを経験してきてはいる。
 しかし、戦争を経験した人々は、アメリカ国民のごくごく一部でしかない。

 アフガン。
 イラク。
 レバノンでの紛争。

 今回イラクにアメリカの兵士が送り込まれるときのブッシュの支持率は85%を超えていたようだ。
 それが今は45%程度まで落ちている。
 何故初めから、55%ぐらいに人々が、賢くなれないのだろう。

 アメリカに住んでいる人々は、遠い昔に、南北戦争は経験していても、自国が他国との戦地になったことはほとんど経験していない。
 戦争の悲惨さを知らない人達が多いから、あのような振る舞いができるのではないだろうか。

 フランスとドイツ。
 自国が戦地になり、戦争が、どれだけ悲惨で、悲しい出来事を生むのか知っている人が多い国なのだろうと推測する。
 それだからこそ、フランスとドイツは、アメリカの好戦的ともいえるような強固な態度に対し、異議を唱えることができるのだろうと思える。

 劣化ウラン弾。
 兵器としての破壊力に優れており、なおかつ、核廃棄物の処理にも繋がり、しかも極めて安価な材料。
 劣化ウラン弾は着弾すると、極めて微細な粒子となり、その微粒子は半径900メートル以上に拡散するという。
 劣化ウラン弾がばらまかれた戦地では、様々な病状を訴える人々が後を絶たない。
 放射能は、人のDNAをとても傷つける。
 当然、遺伝子に異常を持った子供も生まれてくる。
 不虞の体で生まれてくる子供も出てきている。
 それは戦地で生まれる子供に限らず、アメリカ帰還兵の子供達にも。

 その子供達も大人になり、子供をもうけることもあり得ると思える。
 DNAの損傷は、受け継がれることになるのではないだろうか。

 世界には、いろいろな人々がいる。
 考え方も違えば、文化も違う。
 でも、なんとか、互いに理解し合い、認め合うことはできるのではないだろうか。
 そうする努力と、人々の気運が足りないだけなのではないだろうか。

 環境問題も、世界の人々が力を合わせないと、もう地球が保たなくなりそうになっているとも思える。
 ペンタゴンは2020年~2030年には南極の氷がなくなり、ヨーロッパの多くの都市が水没するという予測も出している。なのに、京都議定書は無視。国内経済優先の態度。

 10億人もの人々が肥満で命の危険にさらされている一方、その何倍もの人々が飢餓に苦しんでいる。

 世界の人々が、様々な違いや葛藤を乗り越え、力を合わせることができれば、
 この地球という星に暮らす人々が、もっともっとしあわせになれるのではないだろうか。

 こんなふうに、地球規模での人々のしあわせを願うとき、
 人は身の回りの様々な葛藤・苦しみを、たいしたものでないと感じることができたりするのかもしれない。
 そういう願いや、祈りをするときに、自らの心の苦しみや魂の苦しみを忘れることができるのではないだろうか。

 ユニセフの人々の努力は、とてもありがたいことに思える。
 私も、毎月少額ながら募金させて頂いている。
 ユニセフ http://www.unicef.or.jp/


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

今後の記事予定です。 [今後の記事予定]

 ○タンノイ オートグラフ の夢のあと

 ○SONY MDR-CD900ST レビュー

 ○お気に入りの音楽紹介 - バッハ、ヘンデル、マイヤース

 ○JBL エンカウンター との生活

 ○心と魂の癒し - シリーズ

 ○言霊について - 音楽との関連を考察? ---検討中

 ○魂の柔軟性 - 心はよき衝撃吸収剤になりうるのか? --検討中

 ○ノイズキャンセリングヘッドフォンについて

 ○SONY SRS-Z1PC はよい子なのだろうか?  --レビュー

 ○小さなアルテックもアルテックサウンドを聴かせてくれるのか?

 ○ドルビー5.1オーディオの世界 

 などを予定中です。
 予定は未定?

 
 --- おまけ ---
 noricさんの『コカコーラ生誕120周年』記事に触発されて、とりあえず発掘された、オールディズ・イラストです。
 このブログ、画像なさすぎ。すいません。すいません。すいません。
 


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

癒される音楽 [音楽]

 これからも、癒される音楽、楽曲等について、ご紹介していきたいと思っています。

 音楽系の情報としては、今後、
 ○魂が洗われるような音楽。
 ○心が癒される系の音楽。
 ○魂が躍動するような効果が期待できそうな楽曲。
 そういうものを、私が体験してきた中で、オススメのものを紹介していきたいと思っています。

 今回は「癒される音楽」ということで、
 
 Ombra mai fu  オンブラマイフ -- ヘンデル ラルゴとも呼ばれています。

 この曲をご紹介します。…と申しますか、誰もが耳にしたことのある曲であると思います。
 ヘンデルの歌劇「クセルクセス」の冒頭に歌われるアリアであるとのことです。
 楽器の演奏のみのもの、オーケストラをバックにオペラ歌手が歌っているもの、イージーリスニング調に編曲されているものなどを聞きましたが、どれも美しいものが多いです。
 今回私が紹介したいのは、
 『Aria 3: Metamorphosis』というアルバムの中に入っている Ombra Mai Fu です。

Aria 3: Metamorphosis

Aria 3: Metamorphosis

  • アーティスト: Mary Scully, Paddy Lannigan, Ben Chappell, Caroline Dale, Jonathan Williams [cello], Jonathan Williams [horn], Naomi Wright, Stephen Orton, Nicholas Rodwell, Paul Schwartz
  • 出版社/メーカー: Koch
  • 発売日: 2004/09/21
  • メディア: CD

 上記をクリックして下さると、Amazonで低音質ですが試聴が可能です。
 2007年9月に、この曲の試聴曲を用意いたしました。以下のインターフェイスから聴いていただくことができます。


 伸びやかな、現代的なアレンジで、ヴォーカルも美しい Ombra Mai Fu だと感じます。
 癒されるだけでなく、心が浮き浮きしてくる感覚も私は受けました。思わず、曲に合わせてそよ風風ダンスを、たぶん三回は踊ってしまった私です。
 
 原曲の美しい演奏のみが聴けるサイトがあって、そちらでは、歌詞の日本語訳も載せられています。
 そのサイトオーナーの方にリンクの許可を求めて先程メールいたしました。許可が得られれば、皆様にもお知らせしたいと思います。

 2006.09.26
 上記サイトからは連絡もらえないままなのですが、久留米室内管弦楽団様の方から、許可を頂くことができました。http://www7.ocn.ne.jp/~chamber/index.htmlです。

Ombra mai fu
歌詞/N.ミナート

XERXES

Ombra mai fu,
Di vegetabile,
Cara ed amabile,
Soave piu?
Ombra mai fu,
Di vegetabile,
Cara ed amabile, 
Soave piu?
Cara ed amabile,
Ombra mai fu,
Di vegetabile,
Cara ed amabile,
Soave piu? 
Soave piu?

対訳/小林利之
クセルクセス

二人のやさしく、
愛すべき木陰を
与えてくれた植物が
ほかにあったであろうか?
二人のやさしく、
愛すべき木陰を
与えてくれた植物が
ほかにあったであろうか?
与えてくれた植物が
二人のやさしく、
愛すべき木陰を
与えてくれた植物が
ほかにあったであろうか?
ほかにあったであろうか?

 
http://www7.ocn.ne.jp/~chamber/situnai/ombra.html
 ↑こちらから引用させて頂きました。こちらに行って頂くと、発音も表記されており、またMIDIでの演奏を聴くこともできます。
 
 私は、この歌詞に、かなりグッと来るものを感じてしまいます。
 みなさまはいかがでしょうか。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

魂の傷ってなに? [心と魂の癒し]

 前回の記事で、「魂の傷」という言葉を使いました。
 読んで下さった方の中には、「魂の傷ってなに?」という疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

 とても簡単に説明してしまうと、誰もが、何故だか分からないけれども苦手なもの、苦痛に思えることがあったりします。
 その自分でも何故だか分からない、恐怖感とか、苦手感とか、そういったものの原因が「魂の傷」であったりします。

 わかりやすい例えを書くとすると、例えば、ドラえもんはネズミを見るだけで、卒倒しかねないほどに真っ青になったりします。(すいませんドラえもんをよく知らない人にはごめんなさいです。かくいう私もそう詳しいわけではありません。汗)
 ドラえもんがそういう過剰な反応を起こしてしまうのは、過去に、自分の耳をネズミにかじられてしまったという出来事があったからであります。
 しかも、彼の場合、恐らく製造過程の最終段階における、意識はあるけれども、自由に動けない状態において、耳をかじられてしまったわけです。
 そういう経緯があって、ネズミを見ると、とんでもなく気が動転するようになってしまったと。

 ドラえもんの場合は、原因がはっきり分かっています。

 しかし、私達の場合、原因がはっきり分かっていないのに、苦手なものがあったりします。

 一つ、精神医学の世界で、とてもはっきり分かっていることがあります。
 それは、大きなトラウマを抱えることになったような人や、心に大きな傷を負ってしまった人、そして魂に傷を付けてしまった人達。これらの人達が、その心や魂の傷を負ってしまうことになった出来事に対し、正面から向き合う勇気を持ち始めた段階から、それらの傷が癒されはじめるということなのです。
 魂の傷になるような出来事が何であったのか、はっきりと知ることができて、その出来事を精神的に見つめ直し、そのようなことは度々起こるものでないと自分に言って聞かせてあげたり、どのような意味がある出来事であったのか見つめ直すことによって、トラウマ、心の傷、魂の傷は急速に治癒へと向かいはじめることがわかっています。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

上質な音楽を気軽に楽しむ [audio]

ゼンハイザー ダイナミック・オープンインナーイヤーホン [MX400]

ゼンハイザー ダイナミック・オープンインナーイヤーホン [MX400]

  • 出版社/メーカー: ゼンハイザー
  • メディア: エレクトロニクス


 ゼンハイザー MX400。
 ネット上でも評判の高いヘッドフォン。

 音楽の歴史が古いドイツで設計されているせいなのか、「音楽」を「音楽」として聞かせてくれる。とても、1,500円前後で購入できるというのが信じられないほど、音楽の上質感が伝わってくる。品性の高い音と、私は感じている。

 mp3プレーヤーなどで、使うと、まるで上質のヨーロッパ系のスピーカーの音を聞いているように感じたりもする。

 通常使っているスピーカーはHARBETH HL5 moniterなのだが、それに通じる心地よさを感じることができるイヤホンだ。

 当然のことながら、上記スピーカの高音域は、芯があってもっと美しかったりはする。しかし、MX400はトータルとして、心地よい音楽を聞かせてくれるのが嬉しい。あの値段というのが信じられないほどだ。

 うちでは、妻と娘と私用の他、買い置きとして一つ。計、4個のMX400を愛用している。
 聴き疲れしない音というのも嬉しい。
   2008年9月12日現在、サウンドハウスではまだ在庫が残っているのを確認した。価格は、1480円。  おそらく、ほとんどの家電量販店では、すでに取り扱いはなくなっているものと思える。
 

 直リンク http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=654%5EMX400%5E%5E



 ほぼ同じ製品で、
 

ゼンハイザー インナーイヤーヘッドホン MX500 ホワイト

ゼンハイザー インナーイヤーヘッドホン MX500 ホワイト

  • 出版社/メーカー: ゼンハイザー
  • メディア: エレクトロニクス


ゼンハイザー インナーイヤーヘッドホン MX500 ブラック

ゼンハイザー インナーイヤーヘッドホン MX500 ブラック

  • 出版社/メーカー: ゼンハイザー
  • メディア: エレクトロニクス


 というのもある。
 MX500には、小さなヴォリューム・コントローラーがついているようだ。
 基本的な音色は同じなのだと理解している。
 こちらは、白を選べるのが魅力かもしれない。
 

 関連リンク
 ヘッドホン ナビ http://www.h-navi.net/
 「イイ!ヘッドホン!」http://e-headphone.com/index2 .html
 「低価格でナイスなヘッドホン」←検索で探してみて下さい。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

-|2006年09月 |2006年10月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。