So-net無料ブログ作成
検索選択

amazon.co.jp でのお買い物。 [Shopping]

 5分ほど前に、amazon で、CD を購入しました。

 amazon のネット通販は、極めて、レベルが高いと思います。

 これまで、20~30回ほど、
 amazonで、お買い物をしているように思います。

 amazon の通販を信頼しているのには、いくつかの理由があります。

続きを読む


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(12) 
共通テーマ:ショッピング

購入してしまいました。 [音楽]

ジョシュ・グローバン

ジョシュ・グローバン


 3分前に、amazonにて、購入してしまいました。
 私達は、彼の声に、惚れ込んでいます。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(11) 
共通テーマ:音楽

"O Holy Night" に関する、記事に対する加筆のお知らせ。 [音楽]

 私の先日の記事、『感動を。 "O Holy Night" を聴き比べる』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-29
 この記事に、わずかの加筆をいたしました。

 私の大切で身近な人も、大いに感動し、
 鳥肌が立ったという話を加えさせて頂きました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

感動を。 "O Holy Night" を聴き比べる。 [音楽]

 誰もが、耳にしたことであろう曲。 
 " O Holy Night "。
 今回は、この曲を、約10曲ほど聴き比べてみた。
 聞き比べの作業は、ちょっと、難行・苦行に近いものがあった。汗。
 しかし、得たものは大きい。
 私は、「感動」を手に入れた。

 以下の2アーティストによるものを聴くと、
 私は感動できることがわかったのである。
 逆に表現すると、「感動」が必要なときには、
 その2曲を聴けばよいことが分かったということになる。
 これは、ある意味、とても、「便利」でもある。てへへ。

 Josh Groban = ジョシュ・グローバン の歌っている、" O Holy Night "。
 これには、トリハダが立った。
 極めて、感動的だ。
 私の、とても大切な身近な人も、
 ジョシュ・グローバン の "O Holy Night" は、
 とてもいいわねーといっている。

Josh Groban

Josh Groban

  • アーティスト: Josh Groban, Johann Sebastian Bach, James / Jutras, Benoit Corcoran, Maurizio Fabrizio, David / Afanasieff, Walter Foster, David / Sager, Carole Bayer Foster, Amy / Lubbock, Jeremy Foster-Gillies, Antonio / Dettori, Giuseppe Galbiati, Albert / Sharron, Marti Hammond, Don MacLean, Walter Afanasieff
  • 出版社/メーカー: 143 Records
  • 発売日: 2001/11/20
  • メディア: CD


 --(残念ながら、↑のアルバムで、彼の"O Holy Night"を聴くことはできない。)--

 ジョシュ・グローバンは、歌声がとても美しいだけではなく、
 とても美しい顔をした青年であることが先程わかった。
 しかも、歌だけではないようだ。
 amazonの説明には、「あの『アリー my ラブ』第4シーズン最終話で役者デビューを飾ったティーンのテナー歌手、ジョシュ・グローバン」とある。
 正直、驚きである。


 御紹介したい、もう一方は、
 The Irish Tenors。
 このテノール歌手によるグループによるものも、極めて美しく、感動的だ。

 上記の、どちらが、よりよいか問われれば、Josh Groban と、私は答える。

 まだ、話は続きます。まだ、この先を読まれますか? 

続きを読む


nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(13) 
共通テーマ:音楽

MDR-CD900ST レビュー記事内における、一部表現の訂正。HD580。 [audio]

 SONY MDR-CD900ST レビュー記事内における、一部表現の訂正を申し上げます。
 『プロの道具は、家庭で使えるのだろうか。SONY MDR-CD900ST レビュー』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-21
 この記事の一部表現に、訂正すべき点が見つかりました。

 問題の箇所は、
 SENNHEISER HD580 Precision に関する表現です。

>なぜHD580を購入しないのか。
>その答えは、アンプにつながないと、充分な音量が得られないからです。
>HD650も、同じです。アンプで鳴らさないと充分な音量が得られません。
 上記のように表現してしまいましたが、
 今現在、HD580 が、手元に届いて、
 上記のインプレッションは、とても、誤りであることがわかりました。

 いま、HD580 を使い、Walkman E シリーズで、音楽を聴きながらこれを書いています。
 上記の印象は、かなり騒音がある店頭での印象であり、
 今現在、静かな室内においては、音量に関する印象は、かなり変わりました。
 
 SENNHEISER HD580 Precision は、
 ハンディ・オーディオにおいても、充分な音量を確保、出来ています。

続きを読む


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(14) 
共通テーマ:音楽

音波電動歯ブラシはステキ。 [キッチン・生活家電]

 ここ、8年ほど、音波電動歯ブラシを使っている。

 ここ8年ほど、虫歯ができたことがない。

 私も、私の身近な大切な人も、二人ともに8年間、虫歯から自由だ。

 私達は、二種類の音波電動歯ブラシを使っている。
 sonicare と、National ドルツだ。
 sonicare は、二代目で、
 National ドルツも、二代目。
 ドルツの前はNational スピード・スイングという製品を使っていた。


続きを読む


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(19) 
共通テーマ:健康

SFの偉大な金字塔である、『夏への扉』を読んでみる。 [Books]

 『夏への扉』。とてもいい小説だ。
 古い小説だが、とてもいい。
 一人でも多くの人に読んでもらいたい。
 とても自信を持って、多くの人にオススメできる本だ。

夏への扉

夏への扉


 主人公は、様々な困難に直面する。
 主人公は、愛と勇気を持って、希望を失うことなく、様々な試練に立ち向かってゆく。
 
 この小説においては、一匹のネコが、一つの重要な鍵を握ってもいる。
 ネコ好きの人にも、たまらないものがあると思う。

続きを読む


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(19) 
共通テーマ:

プロの道具は、家庭で使えるのだろうか。SONY MDR-CD900ST レビュー [audio]

 記事予告を申し上げてから、随分時間が経って、
 SONY MDR-CD900STのレビューを書いています。

 SONY MDR-CD900STは、プロの道具です。
 多くのスタジオで使われています。定番とも言われています。
 私は、あまりテレビは見ないのですが、
 音楽関連の番組でも、目にしたことが何度かあります。
 ある歌手が、MDR-CD900STをつけて、熱唱しているシーンも見てしまいました。
 SMAPも使っているという話も聞いています。

 このプロの道具とも、『一種の楽器』ともいえるものを、
 普通の人が、家庭で使って幸せなのかについて、
 書いてみようと思っています。

 プロの道具ですが、お値段は、かなり、リーズナブルです。
 通常の店頭では¥20,000~¥16,000 程度で、手に入れることができます。
 ¥14,800で、購入できる、サウンドハウスというショップもあります。


                               

 MDR-CD900ST 公式HPはこちら↓
 http://www.so-net.ne.jp/Shop/phone/phone.html

続きを読む


nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(23) 
共通テーマ:音楽

ピエドラ川のほとりで私は泣いた [Books]

 一つの愛の形。
 美しい愛の形。
 人と、人の魂の出会い

ピエドラ川のほとりで私は泣いた

ピエドラ川のほとりで私は泣いた


ピエドラ川のほとりで私は泣いた

ピエドラ川のほとりで私は泣いた

  • 作者: パウロ コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 地湧社
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 単行本

 私は、とても大切な女性にこの本を送った。
 彼女は、涙したという。
 こんなすてきな本を教えてくれてありがとうと、静かに語った。

 私にとっては、もう一歩踏み込んだところで話を終えて欲しかったという思いも残る。
 しかし、それでも、とてもよい小説であることは、間違いがない。

 


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

アルケミスト―夢を旅した少年 [Books]

アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年


アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年

  • 作者: パウロ コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 地湧社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 単行本


 少年は旅をする。錬金術師の弟子としての生活も経験する。

 「錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語 」(「BOOK」データベースより)

 
 心に、静かに、定着してくるような、感覚。
 共に旅をしているような感覚を味合うことができた。
 とてもよい本だと思う。

 私の知人の一人は、一晩で読んでしまったという。
 とても感動し、泣きもしたという。そして何より、心が温まったという。

 私のとても身近な、大切な人は、極めて感動し、涙が止まらなかったという。
 悲しくて泣いた訳ではないという。
 探し求め、放浪の旅もして、必死の思いで旅をして、最後の最後に、探し求める大切なものが身近にあったことを知る。懸命に探し求め、旅を続けたから、彼は本当に大切なものを見つけることができたのだ。

 人によっては、『ピエドラ川のほとりで私は泣いた 』 よりも、こちらの方がいいというと思う。

 
 


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

名刺作ってみました。m(__)m [名刺 - プロフィール]

ブログクルーザー

 ソネブロの新機能を試してみました。
 ドキドキ。

 更新はサボってます。すいません。

 


nice!(10)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日常の中の天然が、世界を救う? [ユーモア・ジョーク・ギャグ]

 昨日、とても身近な女性が、知人と会話していた。

 料理の本を開いて、知人が
 「この本には、ふつーの料理しか載ってないね」
 
 とても身近な女性は平然と、
 「ああ、それは、オードソックスなものしか載っていない本なの」

 知人
 「ぎゃひぃぃぃぃっっっ。今、○○さんは『おーどそっくす』といったぁぁぁぁ」

 私
 「はひぃぃぃぃぃ。○○さん。お願いだから、ボケないでねー」

 ---比較検討---
 おーそどっくす 
 おーどそっくす 

○オーソドックス (英:orthodox)は、古典的、伝統的、正統、主流派であること。
○おーどそっくす 私の解釈-?  薫る靴下のことなのか? 
           7日ほど同じ靴下を履くと、「オード・ソックス」ができあがりそうである。
           そんな靴下、ちょっと嫌だなぁ。

 ---結論---
 適度な天然は、人工的に、あるいは人知を絞ってひねり出したギャグを遙かに超える、破壊的、爆笑力を発揮することがある。
 このような、笑いの力は、世界平和をもたらすのに貢献できると思えるのだ!!

 ということで、この記事の分類は、マイカテゴリーにおいて、『世界平和』が適当であると判断する次第である。

 みなさまも、「おーどそっくす」というフレーズ・・・、何気なく日常で使ってみませんか?
 世界の平和に貢献できるかも。

 ----------------------------------
 と、いったん『世界平和』にカテゴライズしたのだが、
 やはり無理があるので、新カテゴリー『ユーモア・ギャグ』を作った。
 お詫びして訂正申し上げる次第であります。


nice!(12)  コメント(11)  トラックバック(15) 
共通テーマ:お笑い

山岡鉄舟 [Books]

 私にとって、山岡鉄舟は、とても気になる人物であり続けている。

 もしも、私が、その時代に生きていたとしたら、
 お会いできるものなら、会ってみたい人物であるともいえる。

 山岡鉄舟が若い頃の御弟子は、素晴らしい人が多かったという話を聞いた。
 山岡鉄舟の晩年の御弟子は、イマイチだったという。

 剣術、書、禅に優れていた人物。
 
 明治維新にも大きな役割を果たしている。

山岡鉄舟 新装

山岡鉄舟 新装


山岡鉄舟

山岡鉄舟

  • 作者: 大森 曹玄
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 単行本


 私が、明治維新について書いた記事は、
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-28
 ↑こちら。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

『未来世療法』 [Books]

未来世療法  運命は変えられる

未来世療法 運命は変えられる

 この本は、いろんな意味で、とても大切なことが書いてあると思う。
 今現在を、どのように生きて、
 ものごとをどのようにとらえるかによって、
 自分の将来をどのように変えてゆけるのかが変わってくる。
 自分自身の心をどう運んで行くのか?
 自分の命をどう運んでゆくのか?
 「命」を「運ぶ」と書いて、「運命」という言葉になる。
 この本のサブタイトルは、『運命は変えられる』だ。
 私たちは、どんな将来、未来を手に入れようとしているのだろうか。
 それが、愛に満ちて、調和に満ちたものになるのを、とても、願う。

 私は、この本は、とても貴重な本であると感じた。
 友人の一人に、この本を紹介した。
 その友人は、とても感動したとのことだった。
 彼女は、さらに四冊買い足し、その友人に配ったという。
 彼女も、彼女の大切な人に読んで欲しかったのだろう。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

キノの旅 -the Beautiful World- シリーズ新刊 [Books]

 以前、紹介申し上げた、
 キノの旅 -the Beautiful World-
 シリーズに、新刊が出ているのを発見した。

キノの旅〈10〉the Beautiful World (文庫)

キノの旅〈10〉the Beautiful World

キノの旅〈10〉the Beautiful World


 表紙の絵が、ちょっと怖い。

 以前の私の記事はこちら。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-27-1

 要約いたしますと。------------

 このシリーズ、かなり好きです。
 いま、9巻まで出ているようですが、たぶんほとんど読んでいるような気がします。
 ライトノベルでありますが、作者である時雨沢 恵一さんの文章が、とても透明感を持っていて、心の静寂さを感じまして、とても心地よく感じるのです。
 時雨沢恵一さんのような雰囲気を持った文章は、この世の中において、なかなかに貴重なものではないかと思ったりもします。

 旅が好きな人には、とてもオススメできるライトノベルです。

 たぶん、いろいろ忙しく、ストレスをため込んでいる人にもかなりオススメできます。
 この小説、実はかなり、ヒーリング効果が高いように思えます。

 さらに加筆いたしますと、---------

 この小説の中だけでなく、この世の中で暮らしていると、自分と、とても違う思考・行動パターンを持っている人達に出会います。
 そういう、色々な人達と、どんな風な接し方をすると、心地よく、交流を持てるのか、そういう示唆に富んだ作品になっているようにも思います。




-------------------------------

学園キノ

学園キノ

  • 作者: 時雨沢 恵一
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2006/07/10
  • メディア: 文庫


  知人が、これを読んで、かなり笑えたとのことで貸してくれた。
 キノの旅 -the Beautiful World- シリーズ愛読者の方には、ちょっとオススメかもしれない。
 『キノの旅』を読んでない人には、全然面白くないと想像する。
 シリーズ愛読者であっても、読まない方がいいという説もあるようだ。


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

記事予告? 『ダ・ヴィンチ・コード』。本の御紹介? [Books]

『ダ・ヴィンチ・コード』

ダ・ヴィンチ・コード (上)

ダ・ヴィンチ・コード (上)


ダ・ヴィンチ・コード (下)

ダ・ヴィンチ・コード (下)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/05/31
  • メディア: 単行本

 こちらが、原作です。

 映画はこちらです。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/03
  • メディア: DVD


 
 映画の方は、原作をだいぶ単純化してありますが、
 様々な映像が、私には、とても衝撃的ともいえるほどに、迫ってくるものがありました。

 人によっては、とても感動的作品になりえると思います。
 人によっては、是非とも知っておいた方がいいことが書いてあったりするとも思います。
 人によっては、読んでいて、ちょっと頭が痛くなるかもしれません。
 人によっては、どうでもいいことだったりするかもしれません。(笑)

 文庫版も出ています。文庫版は、上、中、下、三巻に別れています。

ダ・ヴィンチ・コード(上)


ダ・ヴィンチ・コード(中)


ダ・ヴィンチ・コード(下)

 

 
 
 キリスト教圏で、とても話題を呼んだようですが、
 日本では、あまり、大きな話題にもならなかったとも思えます。
 この本に関連する、テレビ番組はチラリと見ました。
  
 変な記事で申し訳ありません。
 記事としてまとまってませんが、とりあえず公開しちゃいます。
 御容赦のほど御願い致します。

 私にこの本をオススメ下さった○○さんに心から感謝いたします。
 また、○○さんは、私にこの映画のチケットも下さいました。
 心から、感謝申し上げます。

   ---------------------------------------
>映画では隠された25分があるという、コンプリート・ボックスの発売が待ち遠しいです。
 という、コメントを頂きまして、調べましたところ、 
 下記の製品は、だいぶお値段が高くなるものの、
 「●Disc1:本編ディスク
 約25分を新たに追加したエクステンデッド版」
 「●Disc3:「ダ・ヴィンチ・コード展」限定発売DVD
 映画「ダ・ヴィンチ・コード」登場の史跡を巡り、
 また解説する映像集」
 これらが追加され、他のオマケも付いていると思われる、
 『ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス』が発売されているようでありました。

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/03
  • メディア: DVD


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

阪神・淡路大震災でボランティアをさせて頂いた経験。 [世界平和]

 記事予告を申し上げてから、この記事をまとめ上げるのは、精神的に、かなり重いものがあった。
 軽々しく、「こうでした」と御報告できるような内容でもなかった。
 これは書いておきたいというメモばかりが増えて、実際の記事の記述には、かなり苦労した。
 なかなか、筆が進まなかった。記事予告を発表申し上げてから、遅れたことを申し訳なく思う。

 阪神・淡路大震災。
 1995年1月17日 5時46分地震発生。その後の惨状。
 その朝、NHKの、神戸を空から映す映像を見ていた記憶が鮮明にある。
 数カ所から、火災の煙が立ち上る映像。横倒しになった高速道路。etc.
 チャンネルを変えてしまう。これが本当のことなのかどうか確かめたくて・・・。

 あの地震から、11年の年月が経って、私の中のボランティア活動をさせて頂いた記憶は、断片的なものになっている。しかし、その経験の一部は、とても鮮明に残っている。
 その、風化していない記憶を、ここに書かせて頂き、一(いち)ボランティアの記録として残したいと思う。
 さほど不快な表現はしていないつもりだ。
 できるだけ、多くの方に読んで欲しくもある。
 しかし、長文になってしまっている。御容赦頂きたい。

続きを読む


nice!(13)  コメント(18)  トラックバック(25) 
共通テーマ:ニュース

サイトマップです。 [サイトマップ]

○PCで、高音質の音楽を楽しむ。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-15
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-17
 
○新カテゴリー。『星を感じてみませんか?』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35373604
 
○退行催眠を経験した人が、ありありと過去世を見てきた話。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-02
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-02-1

○ユーモア・ジョーク・ギャグ。 『ネコバイク』。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-07
 
○感動。心と魂がうちふるえる読み物。『マブラヴ オルタネイティヴ』。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-30-1

○バッハ フルート・ソナタ全集
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-12-03

○『バッハ。無伴奏チェロ組曲』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-26

○『綿の国星』という作品。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-24

○新カテゴリー『語らいの場』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35371488

○新カテゴリー『PC Game』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35371911

○新カテゴリー 『風を感じてみませんか?』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35370492

○ 『風を感じてみませんか?』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-06-2

○『今後の日本』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-19

○本の御紹介。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30367248

○新ジャンル 『ねこ』。現在、にゃんこ画像3枚あり。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35369240

○新カテゴリー 『経営哲学』、組織のよき運営理論。非営利組織含む。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35368829
 
○新ジャンル 『car & bike 』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35368232

○新ジャンル キッチン生活家電
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35367628

○音楽全般。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30366682

○『阪神淡路大震災でボランティアをさせて頂いた経験。』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-11←これは、長文です。m(__)m

○新記事。 『赤い糸の伝説と、その実態』
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-11-06

○オーディオ機器関連記事。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30368808

○ユーモア・ギャグ
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30369719

○旅の記録
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30368748

○感動できる音楽。心や魂が癒され元気と勇気が出る音楽。楽曲。
 ☆ "O Holy Night" を聴き比べる。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-29

 ☆ Ombra mai fu  オンブラマイフ -- ヘンデル ラルゴ
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-24-1

 ☆ グーノーのアヴェ・マリア (Ave Maria)
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-26

○SENNHEISER HD580 Precision に関する訂正文。ややレビュー気味風味。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-28-2

○ちょっと高級なヘッドフォン。プロの道具は、家庭で使えるのだろうか。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-10-21

○新幹線や航空機で、静かに、快適にすごしたい方。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-30-2

○iPod シリーズや その他のmp3プレーヤーを、より上質な音質で楽しむ。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-23


○地球温暖化や世界平和について。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30366908


○癒し系 アート
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30367454

○古き良き時代のイラスト。vintage illustration
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30367459

○自分で、自分の前世を見てきてしまいませんか…というお話し。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-24-2

○心や魂の傷を癒し、より意義のある日々を送るために。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-23-1
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-24
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/2006-09-27

○今後の記事予定
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c30367044

○ネット通販について。amazon での買い物は快適。
 http://blog.so-net.ne.jp/tabibito_j/archive/c35368012

○関連 goods 案内
 http://astore.amazon.co.jp/tabibitojnohi-22


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(23) 
共通テーマ:blog

旅の記録。竹富島。 [旅の記録]

 今回は、旅人らしく、旅の記憶を記事にしたい。
 旅人Jは、旅人Jと名乗りながら、旅の記事をこれまで書いていなかったことに、今更なのだが気付いた。間抜けな話である。

 まあ、旅といっても、心の旅もあれば、魂の旅もある。
 そして、現実の旅も。
 旅での経験は、人の心と魂に刻み込まれる。
 その旅の記憶は、日常生活に疲れたとき、
 思い起こすと、大切な癒しを与えてくれたりする。

 そんなこんなで、ともかく、竹富島の旅の記憶を御紹介したい。
 

続きを読む


nice!(10)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

進行報告 [今後の記事予定]

前回の記事予定、準備つつあります。
進行はしているものの、まだ形にできていません。
楽しみにしてくださっている方。誠にありがとうございます。
遅延していること、御容赦頂ければと、願う次第です。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。