So-net無料ブログ作成

御案内。 [サイトマップ]

 御訪問下さった方々に、心から感謝を申し上げます。

 記事の多くは、「ひとりごと」調に故意にしてあり、「ですます」を省いた形で書かれています。なので、「偉そうに」と怒らないであげて下さい。すいません。すいません。すいません。


 関連記事?--http://tabibito-j.blog.so-net.ne.jp/2008-08-31-5
 

ラテン語のようでラテン語でない。 [音楽]

 きれいな曲で気に入っているのだが、周囲の知人にはあまりよいと思えないといわれたりする。
 歌詞をよく聴いてみて、ラテン語のように聞こえるがラテン語でなく、推測するに異世界感を出すのが目的なのか、どこの言葉でもないコトタマをつなげてあるのだと推測している。たぶん。
 試聴曲をどうぞ。
 『媛星~想う心~』


 

続きを読む


Andy Williams を。 [音楽]

 先日の記事で、オードリーの歌を聴いてみて、アンディ・ウイリアムスも取りあげてみた。
 Andy Williams を取りあげると、私は、どうしても、『マッカーサー・パーク』という曲を聴きたくなってしまう。
 この記事を書くために調べていると、『The Very Best Of ANDY WILLIAMS Original Greatest Hit 』というCDがみつかって、その価格は、¥500 であった。あはは。日本の50年という著作権切れの曲を集めたCDなのであろう。
 またまた、長めの試聴曲を用意してしまったが、関係者のみなさまには御容赦いただけたらと思う。
 その¥500 のCDには『MacArthur Park』が収録されいてるかどうかわからないが、The Very Best of ~ Andy Williams [Import] [from UK] には収録されている。


 
 

続きを読む


日本のマスメディアの姿勢に疑問。 [世界平和]

 2008年8月中旬より、インド東部で大雨が続き、9月はじめの時点でも、被害の拡大が懸念されているようだ。
 いまから、1年と1ヶ月程前に、私は、http://tabibito-j.blog.so-net.ne.jp/2007-08-09 の記事において、インド、バングラデシュ、ネパール一帯で、大規模な水害が起きたものの、「このニュースが、日本ではあまり取りあげられていないように私は感じ、日本の報道機関の姿勢に疑問を感じもする」と書かせていただいた。
 私は、民放各局のニュース番組はあまり見ていないが、NHKのBSニュースなどを時折見る限り、この災害はほとんど報道されていないように思える。相撲の力士がどうしたこうしたというニュースはたびたび報道されているのに、こういう情報をほとんど取りあげない、メディアの姿勢に疑問を感じる。

 思い起こすに、一年前のインドとその隣国での大洪水の時も、日本のメディアは、「朝青龍」ばかり写していたような記憶もある。
 昨年の水害よりも、今回の水害の方が規模が大きいかもしれないという推測も聞こえてきたりするが、具体的なことは伝わってこない。ネット上の報道では、300万人程が被災しているということが書かれている程度だ。
 
 

続きを読む


nice!(9)  コメント(5) 

御案内。 [サイトマップ]

 御訪問下さった方々に、心から感謝を申し上げます。

 記事の多くは、「ひとりごと」調に故意にしてあり、「ですます」を省いた形で書かれています。なので、「偉そうに」と怒らないであげて下さい。すいません。すいません。すいません。


 関連記事?--http://tabibito-j.blog.so-net.ne.jp/2008-08-31-5

「赤福」支持を表明します。 [旅の記録]

 2008年はじめごろ、赤福はずいぶん叩かれていた。
 確かに、正すべきことはあったのかもしれない。
 しかし、マスメディアがいつも正しく、日本国の省庁のいうことがいつも正しいとは、私は思わない。

 伊勢神宮に何度足を運んだだろう。
 伊勢内宮に参拝した後、赤福本店にて、お茶と赤福を頂く。
 歴史を感じる赤福本店のたたずまい。
 その店内からは、五十鈴川や伊勢内宮の境内を眺めることもできる。
 これは、誰が何といおうと、最高の直会(なおらい)である。

Akafuku-Mochi2[1].jpg
 

続きを読む


ゲーテ。 [Books]

 ゲーテ。Johann Wolfgang von Goethe 。
 ゲーテの書き残したものには、多くの作曲家が曲をつけたりした。
 彼が、シュトゥルム・ウント・ドラング(独:Sturm und Drang)について書いていることは、私にとても響いてくるものがあった。

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

  • 作者: ゲーテ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1958/01
  • メディア: 文庫



根岸貴幸氏の音楽。 [音楽]

 根岸貴幸氏の音楽と書いてしまったが、私が根岸貴幸氏を詳しく知っているというわけではない。
 ただ、彼の作る楽曲をいくつか聴いてみて、彼の作品はとてもいいと感じた。
 彼が作曲した曲で、大川七瀬氏作詞の曲を短くしたものを試聴曲として用意してみた。
 大川七瀬さんは、CLAMPのリーダー的存在と見てもいいのかもしれない。

 『夜の歌』

 岩男潤子さんが、「大道寺知世」という小学生の声で歌われているのがすごい。
 大人の女性が、子供の声のフリをして歌をうたって、それがちゃんと美しいというのが驚きだ。
  

続きを読む


オードリーの歌を聞いてみる。 [音楽]

 Audrey Hepburn。オードリー・ヘップバーン。
 彼女が歌う、 Moon River (Breakfast at Tiffany's) を聴いてみた。
 歌が上手な人であっても、冷たいハートを感じてしまうこともある。
 極めて歌唱力があっても、想念に問題がある人の歌よりも(例えば、ナントカ・ブライト○○とか…)、オードリーの歌の方がずっといいかもしれない。
 ムーン・リバーといえば、ダニー・ウィリアムス版もあるが、アンディー・ウイリアムスの歌うものが最もいいと感じてしまう。他の曲を聴いても、Andy Williams の歌声には、とてもいいものを感じる。
 


 

その人は泣いた。2。 [音楽]

 ある女性に、またまた、ある曲を聞いてもらったところ、「かなり泣いてしまった。極めて美しい」といっていた。
 今回は、Luciano Pavarotti 。そして、Sennheiser HD650 というヘッドフォンの組み合わせ。
 聴いてもらった曲は、日本では、『カタリ カタリ』というタイトルで知られる曲。試聴曲を用意した。
 今回もかなり長めの試聴曲であるが、関係者のみなさまには御容赦いただけたらと思う。

 

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。