So-net無料ブログ作成

ラテン語のようでラテン語でない。 [音楽]

 きれいな曲で気に入っているのだが、周囲の知人にはあまりよいと思えないといわれたりする。
 歌詞をよく聴いてみて、ラテン語のように聞こえるがラテン語でなく、推測するに異世界感を出すのが目的なのか、どこの言葉でもないコトタマをつなげてあるのだと推測している。たぶん。
 試聴曲をどうぞ。
 『媛星~想う心~』


 

続きを読む


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Andy Williams を。 [音楽]

 先日の記事で、オードリーの歌を聴いてみて、アンディ・ウイリアムスも取りあげてみた。
 Andy Williams を取りあげると、私は、どうしても、『マッカーサー・パーク』という曲を聴きたくなってしまう。
 この記事を書くために調べていると、『The Very Best Of ANDY WILLIAMS Original Greatest Hit 』というCDがみつかって、その価格は、¥500 であった。あはは。日本の50年という著作権切れの曲を集めたCDなのであろう。
 またまた、長めの試聴曲を用意してしまったが、関係者のみなさまには御容赦いただけたらと思う。
 その¥500 のCDには『MacArthur Park』が収録されいてるかどうかわからないが、The Very Best of ~ Andy Williams [Import] [from UK] には収録されている。


 
 

続きを読む


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

根岸貴幸氏の音楽。 [音楽]

 根岸貴幸氏の音楽と書いてしまったが、私が根岸貴幸氏を詳しく知っているというわけではない。
 ただ、彼の作る楽曲をいくつか聴いてみて、彼の作品はとてもいいと感じた。
 彼が作曲した曲で、大川七瀬氏作詞の曲を短くしたものを試聴曲として用意してみた。
 大川七瀬さんは、CLAMPのリーダー的存在と見てもいいのかもしれない。

 『夜の歌』

 岩男潤子さんが、「大道寺知世」という小学生の声で歌われているのがすごい。
 大人の女性が、子供の声のフリをして歌をうたって、それがちゃんと美しいというのが驚きだ。
  

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オードリーの歌を聞いてみる。 [音楽]

 Audrey Hepburn。オードリー・ヘップバーン。
 彼女が歌う、 Moon River (Breakfast at Tiffany's) を聴いてみた。
 歌が上手な人であっても、冷たいハートを感じてしまうこともある。
 極めて歌唱力があっても、想念に問題がある人の歌よりも(例えば、ナントカ・ブライト○○とか…)、オードリーの歌の方がずっといいかもしれない。
 ムーン・リバーといえば、ダニー・ウィリアムス版もあるが、アンディー・ウイリアムスの歌うものが最もいいと感じてしまう。他の曲を聴いても、Andy Williams の歌声には、とてもいいものを感じる。
 


 
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

その人は泣いた。2。 [音楽]

 ある女性に、またまた、ある曲を聞いてもらったところ、「かなり泣いてしまった。極めて美しい」といっていた。
 今回は、Luciano Pavarotti 。そして、Sennheiser HD650 というヘッドフォンの組み合わせ。
 聴いてもらった曲は、日本では、『カタリ カタリ』というタイトルで知られる曲。試聴曲を用意した。
 今回もかなり長めの試聴曲であるが、関係者のみなさまには御容赦いただけたらと思う。

 

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バッハ。リュート組曲。 [音楽]

 バッハのリュート組曲に、私は、極めて魅力を感じる。
 私もよく演奏していたが、このあたりの曲を弾くときには、ギターではなく、リュートという楽器で弾いてみたいと強く感じた。
 このCDをよく聴いてみると、ギターに似てはいてもずいぶん異なる響きがある。
 先日、リュートを制作されている日本の方のサイトを見つけてしまい、リュートが欲しい気持ちが強く湧き上がってくるのであった。12本とかどどどと低音弦がついているリュートを演奏してみたい。

 試聴曲が長めであるが、関係者の方には御容赦いただきたく思う。(アセアセ)
 コンラッド(コンラート)・ユングヘーネル氏の演奏もすばらしい。

バッハ:リュート作品全集

バッハ:リュート作品全集

  • アーティスト: ユングヘーネル(コンラート),バッハ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

現代的なバロック音楽と感じてしまう。 [音楽]

 John Foxx 。ジョン・フォクス。私は、彼にかなり惹かれるものを感じる。
 彼の本名は、違う名前であるようだが、Foxxというのが、わかる人にはわかるというか、一つのメッセージでもあると解釈できる。Foxに、「×」がついて、Fox は、ダメだよというふうに解釈できたりする。
 試聴曲を二曲用意したが、そのどちらかは、随分前にHONDAのテレビCMのイメージ・ソングになっていたように記憶している。「Europe After The Rain」、「Systems Of Romance」をお聴きいただきたい。録音は、1981年であるようだ。


 今回はかなり長い試聴曲とした。関係者のみなさまには御容赦いただければと思う。
 このアルバムの他の曲で、精神性の高さ、深さを感じられるものも多い。
 私は、バロックの曲をギターで演奏することがとても好きだ。それは、バロック曲に、素朴でありながら高い精神性が感じられる曲があるからだ。John Foxx の作品にはそのような部分で、共通するものがあるように感じてしまう。
 彼は、美術大学で絵画を学んでいたようで、その日々の中で、このような音楽を創作する活動がはじまったようだ。そうして聴いてみると、彼の作品は、絵画的でもあり、絵画で表現できない、幾何学的な美しさを音楽に求めたのだろうと、強く推測できたりする。私の場合、ギターで演奏しきれないものは、シンセサイザーで表現したりもしたが、そういう部分を含めて、彼の作品に共感できる部分が多い。

The Garden

The Garden

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel
  • 発売日: 2001/09/11
  • メディア: CD



The Garden

 
 
   

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロミオとジュリエット - Romeo and Juliet 。 [音楽]

 Romeo and Juliet 。 この曲は、ガット・ギターで演奏しても、とても美しい。
 リュートで演奏すると、さらに、雰囲気が抜群に合うかもしれない。
 (思い起こすに、私がギターで演奏したものを聴かされた人は、ちょっと可哀想かもしれない)
 今回、試聴曲として、Josh Groban - Awake に収録されているものを用意した。お聴きいただければと思う。

 今回の試聴曲も、かなり長めになっています。関係者のみなさまには、御容赦いただければと存じます。m(__)m
 
  前奏のヴィオラ (たぶんヴィオラかと…) がかなり美しい。

続きを読む


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

オープニングのギターに感嘆。 [音楽]

 私はギター弾きだ。といっても、ガット・ギターというかクラッシックギターを弾くのだが、その私にとって、この曲のオープニングのギターの艶やかさとあざやかなギター捌(さば)きには、たまらないものを感じてしまう。
  曲全体としては、今となっては古めかしいというか、なんというか…ぁぅぁぅ、であるが、このオープニングのギターだけはたまらない。1975年の作品のようである。
 KC and the Sunshine Band  Get Down Tonight.


 

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV.564 アダージョ [音楽]

 バッハのオルガン曲の中から一曲。
 トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV.564 アダージョ。
 長めの試聴曲としております。御関係者の方には御容赦いただければと存じます。
 演奏は、ヘルムート・ヴァルヒャ。

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。